アーカイブ:6月, 2010

野生生物にご注意

日曜日, 6月 27th, 2010

夜の軽井沢・・・と書くと、なんだかロマンチック。でも実際は、野生動物の活動が始まる、少々危険な時間帯なのです。

先日、妻と愛犬ぱんこと夜のお散歩へ。日本犬の多くはお家でトイレはしないので、寝る前のお散歩はかかせません。夜といっても8時くらい。東京では夜のスタートラインといった時間帯ですが、軽井沢ではもう真っ暗闇。歩いている人は皆無で、たまに車とすれ違う程度なのです。

毎日の日課なので、その日も普通に夜のお散歩へ出掛けました。油断は禁物ですので、熊鈴をチリンチリンと鳴らしながら、懐中電灯を持っての散歩です。

スーパーマツヤさんの灯りに導かれるように歩きだすと、人気のないお家のほうを、ぱんこがなんだか気にしています。「なにか居るんじゃないの(笑)?」と近づいてみると「ガルルル」と聞いたことのない唸り声と大きな生物が動く気配が!逃げるように、スーパーマツヤさんへ向かうと、特に追ってくる気配はなし。「なんだったんだろう・・・」と驚いたものの、散歩を続行しました。

家への帰り道。先程とは別のルートで我が家に向かいます。小学校にほど近い交差点。このあたりは軽井沢に定住されている方が多く、比較的安心な場所です。

交差点の民家の庭に、大きな影が。おしゃべりしながら近づく私たちに気付き、ハッとしたようにこちらを向きました。その距離、約5メートル。「ガルル!ガルル!」と低く大きな唸り声。威嚇してくる巨大な黒い影。「逃げて、逃げて」と、こちらもパニック!

威嚇しながら、黒い影は深い闇へと消えていきました。いや〜恐かったです。野生動物に威嚇されたのは初めての経験ですから。

6.27a
「本当に恐かったんだよ〜。」

キツネ、イノシシ、熊・・・と、影の正体を思い返してみますが、あまりピンときません。軽井沢の諸先輩に話を聞いてみても、心当たりがないとのこと。私のイメージでは、オオカミなのですが。

有力情報があり、イノシシが唸り声を出すとのこと。そういえば、庭の土に顔を突っ込んでいるような仕草でした。熊じゃなくてよかったとも言えますが、それにしても無事で何よりでした。

それから、夜の散歩は時間を少し早めることにしています。7時台ならば、まだ薄ら明るいですので、野生生物の世界が始まる前に帰ってこれます。

今日は物騒な話でしたので、写真はぱんこの笑顔でお楽しみください(笑)。

6.27b
「みんなも気をつけてね!」

ある日のお散歩風景

火曜日, 6月 22nd, 2010

ある日の朝、軽井沢でのぱんこの優雅な(?)お散歩をご紹介しましょう。

「さぁ、お天気もいいし、気持ちの良いお散歩に出掛けましょう!」
6.22 1

「ん?中からワンワン聞こえるね。誰かな〜?」
6.22 2

「ちょっとカフェで休憩してと・・・。あれ?今日はカフェマットないの?
仕方ないな〜。」
6.22 3

「あ〜、リフレッシュしたね。さぁ、帰り道も楽しくお散歩しましょう!」
6.22 4

冷房無しの生活

土曜日, 6月 19th, 2010

さすがの軽井沢も暑くなってきました。とはいえ、我が家に冷房はありません。8月に越してきたころは、冷房が無い家で大丈夫かどうか、それはそれは不安で(笑)。しかし、これまで冷房が欲しいと思ったことはないほど、快適に暮らしています。

昼間に少し暑くなる時間帯があるくらいで、そこは窓を開けていれば大丈夫。部屋着はまだ長袖で平気なくらいです。二階は少し暑くなるかなといった程度。一階は風通しも良く、自然な風でひんやりしています。

夜は、全ての窓を閉め切り、布団をかぶって寝ています。冷房をかけっぱなしで寝ていた東京の夜が嘘のよう。“寝苦しい”という言葉が無縁の、軽井沢の夜です。

あれだけの厳しい冬を超えてきたのですから、きっとこの涼しさは自然界からのご褒美なのでしょう。

今朝は、昨日の雨で道がぬかるんでいましたので、愛犬ぱんこは念のため(笑)、
レインコートを着て散歩へ出掛けました。
このBIRDIEさんのレインコート、軽くて薄くとても動きやすいようで、ぱんこも軽快に歩きます。(宣伝?)

raincoat

軽井沢の動物たち

金曜日, 6月 11th, 2010

「これは何の鳴き声ですか?」ご近所さんに尋ねると“春ゼミ”とのこと。鳥でもないし、カエルでもないし、蝉にしては早すぎるしと思っていましたら、なるほど春ゼミですか。ひぐらしに近い感じで、暑苦しさの少なめの鳴き声です。春ゼミの姿は未だに目撃できていませんが、その声のシャワーを浴びながら歩く林道は、避暑地軽井沢の雰囲気たっぷりです。

0611

その他、軽井沢に生息する動物のお話。熊には運良くまだ出会っていません。とはいえ、2本くらい先の通りで見かけたなどの情報がありますから、愛犬ぱんことの散歩では“熊鈴”を鳴らしながら歩いています。

猪は、陰だけですが目撃しました。猪が東部小学校の畑を荒らしに、大通りを横断しようとしていたところだったようです。夜だったので懐中電灯の灯りを向けると、サッと山のほうへ逃げていきました。そうとう大きかったので、ちょっと怯みましたが。

先日はキツネを間近で目撃。「ん?何かの目が光ってる?」注視していると、仔ギツネがひょっこり顔を出しました。まるでモグラたたきゲームのように、一瞬の出来事。その後、親ギツネらしい鳴き声が、こちらを威嚇するように連呼して聞こえてきます。「コーン、コーン」というキツネの鳴き声表記とはほど遠い、「ギャワーン、ギャワーン」という感じでした。

キジは、少し前までよく庭に現れました。こちらも「ケーン、ケーン」と鳴き声を書きますが、「クェー、クェー」という感じです。それを朝の4時から大声で鳴かれるのですから、たまったものではありません。追い立てたりしましたが、意外に逃げてくれなくて困りました。

猿は、ときどき出没します。一度、玄関先に出しておいた宅配の荷物もボロボロにされました。中にはオーディオ製品しか入っていないのですが、食べ物かどうか確認したのでしょう。軽井沢では猿害は深刻な問題です。

ぱんこと合わせると、猿、キジ、犬と“桃太郎トリオ”がそろいます(笑)。日本では昔、それだけポピュラーな存在だったのですね。

初夏の訪れ

土曜日, 6月 5th, 2010

軽井沢の別荘に、灯りがともり始めました。寂しい冬が長かっただけに、人が集まってくるというのは、何となく楽しいものです。

軽井沢は、いよいよ初夏に突入といった感じですが、Tシャツ1枚ではまだまだ寒いでしょう。長袖を羽織るくらいで丁度良いです。

近所の森では、カッコウが鳴きはじめました。歩行者用信号の“ピッポー”電子音とは全く異なる、野生の生の声。深く森に響き渡り、清涼な空気に溶け込んでいく余韻。それが、本物の鳥の鳴き声の魅力です。まったく耳障りになることはなく、もっと聞いていたいと思わせます。

最近驚いたのは、落雷。標高1000メートルというのは伊達ではなく、天空に一歩近づいたように感じます。雷の音は、都会の比ではありません。地響きと共に鳴り響く轟音に、普段は雷を怖がらない愛犬ぱんこも、流石に尻尾を下げていました。

若葉の香り溢れる、素敵な季節となりました。お散歩していると、「軽井沢に住んでいるのだ」と、感激せずにはおれません。

syoka0605