アーカイブ:2月, 2010

春は今日から?

水曜日, 2月 24th, 2010

軽井沢の春は、もしかしたら今日から始まったのかもしれません。
愛犬ぱんこが、朝の散歩へ猛ダッシュでスタート!今日は、モコモコのダウンを脱いで、ぱんこにしては軽装で出掛けました(笑)。

spring 2

鳥の声も、いつもの3倍くらい多く聞こえてきます。注意深く聞けば、その種類も多数。初めて聞くような声の鳥もあります。

ふと地面に目を移すと、蟻が活動を始めていました。もっとよく見てみると、ほんの少しですが緑が顔を出し始めています。

とはいえ、夜はまだ東京のMAXくらいは寒いです。逆に、東京の冬と同じ装備で外出できるということですから、マフラーやイヤーウォーマー無しでも平気で歩けます。

こうして春は近づいてくるのですね。初めての軽井沢の春がもう目の前までやってきました。

新幹線通勤

日曜日, 2月 21st, 2010

東京で仕事の日は、新幹線通勤しています。軽井沢駅から東京駅まで約1時間。なかなか快適なものです。この時間を有効に使うため、先日までは著書の執筆を、最近ではメールのお返事を書いたりと、少々仕事モード全開(笑)。1時間が、あっという間に過ぎてしまいます。

軽井沢の良いところは、新幹線の発着駅であるところ。新幹線の出発時間の5分前くらいに駅のホームに向かえれば良いので、持ち時間のロスがありません。これは、東京、大阪、名古屋と住んできましたが、一番違いを感じるところです。新幹線駅までの乗り換えや移動、待ち時間というのは、結構余裕を見ておかないと乗り遅れそうで不安になるものですから。駅に到着して、パッと新幹線に乗れるのは、なかなか快感があります。

新幹線チケットは、モバイルSuicaを使っています。一般価格より少しお安くなるのと、携帯電話ひとつで乗れる感覚がお気に入りです。欠点は、指定した座席番号をメモしておかなればいけないところでしょうか。携帯電話の画面でもちろん確認できるのですが、瞬時に呼び出せるわけではありません。以前、別の人が間違えて私の席に座っていたことがあってから、今は紙に座席番号をメモして持って行きます。これではペーパーレスの意味がない(笑)?

もう少しお安く新幹線に乗れるのは、“駅ねっと”の20%OFFチケットです。モバイルSuicaよりも、まだ500円近くお安いのでお得です。しかし、20%OFFチケットは販売数が少ないのか、前日の予約では売り切れている場合が多いと思います。事前に軽井沢旅行の日程が決まっているなら、駅ねっとのホームページを検索されてはいかがでしょう。

asama510

先週は、ブレーキの不調から大宮駅までで新幹線がストップしてしまいました。こんなこともあるのですね。向かいのホームに停車中の別の新幹線に乗り換えるという指示が放送があり、通路に立って乗ることにはなりましたが、東京駅まではあまり遅れることなく到着することができました。この連携プレーは素晴しかったです。

寒さの“質”

月曜日, 2月 15th, 2010

「寒さに耐えきれず、逃げ出した人が居る」と脅されていた軽井沢の冬(笑)。
実際に2月まで体験してみると、寒いのはもちろんですが、「冬の軽井沢が一番好き」という方の気持ちもよく分かる気がします。

寒さの“質”というのでしょうか。
寒いというだけなら、学生時代を過ごした京都のほうが、底冷えで厳しかった思い出があります。旅行で行った冬のニューヨークのほうが、ホテルから出る瞬間に勇気がいるほど辛かったように思います。そういえば、名古屋の冬も・・・。
これまで体験してきたどの冬の寒さよりも、私には軽井沢の寒さの“質”が一番しっくりくるように思えます。

軽井沢は、確かに最高気温が氷点下だったりするのですが、澄んだ美しさがあります。凛として静かな雪景色は、街中を浄化してくれているようにすら感じます。

snow0215

愛犬ぱんことの散歩では、1〜2時間歩いても誰にも会わないことがあります。知り合いに会わないという意味ではなく、本当に誰も外に居ないのです(笑)。
人好きのぱんこには、ちょっと寂しいのかなぁ〜。

8月に越してきたころは、それこそ観光のトップシーズンでしたから、この静けさは想像すらしていませんでした。
そうなると、ちょっぴりあの賑わいが恋しくなってくるものです。

凍てつく軽井沢

木曜日, 2月 11th, 2010

昨夜の雨が、朝になったら見事に凍っていました。軽井沢に来てから半年、ここまで木や車、道と、街ごと凍ってしまったのは初めてです。

koorinohana

歩こうにも、まるでスケートリンクの上を歩いているよう。雪&氷用の靴も、全く役に立ちません。目の前で、自転車に乗った女性が、大転けしていました。怪我がなさそうで、なによりです。

軽井沢在住の方に教わった氷上の歩き方は、足の指で地面を掴むように進むのがコツだそうです。確かに、カカトから着地すると、滑って後頭部を打つように転ぶ可能性があります。例えるなら、駆け足みたいな前傾姿勢で歩くという感じでしょうか。そうすると、滑っても足が後方へ流れるだけで、バランスを取りやすいと思います。

車もガチガチに凍っています。バンパーにある障害物センサーが、誤動作して鳴りっぱなしです。ドアノブは、まるで氷柱を触っているよう。給油口は、お湯をかけないと開きません(笑)。

せっかく融けた根雪ですが、この氷の軽井沢ですから、またすぐ積もってしまいそうです。それにしても、太陽さんが居ないと本当に寒い。軽井沢の春を体験できるのは、もう少し先のようです。

著書発売日

月曜日, 2月 8th, 2010

本日、2月8日は、著書『リスニングオーディオ攻略本』の発売日です。軽井沢唯一の書店、平安堂さんにも、明日から軽井沢の著者コーナーに並びます。

現在、Amazonのランキングで、オーディオ・ビジュアル部門第一位という好発進。たくさんの方が買ってくださっているようで、本当に嬉しいです。

付録のCDは、軽井沢の雪景色にぴったりの、バイオリン・ピアノ・チェロの美しい音楽です。オーディオに興味のない方でも、音楽CDとしてお楽しみいただけますので、是非お聴きいただければと思います。

street

軽井沢暮らし半年

金曜日, 2月 5th, 2010

軽井沢へ引っ越してきてから、ちょうど半年が経ちました。その間、夏・秋・冬を体感し、軽井沢のダイナミックな四季の移り変わりに戸惑うほどですが、その驚きを含め満喫しております。あとは、初めて出会う春を待つばかり。こんな雪景色の中にも、ほんの少しずつですが、春の足音が聞こえてくるから不思議です。

hanareyama

一番心配していた軽井沢の冬の寒さですが、なんとか乗り越えられそうです。もちろん東京と同じ格好では、寒いのは当たり前。しっかりと寒さ対策して挑んだので、挫けずに済みました。春を迎えた頃に、軽井沢の冬の生活を振り返ってみたいと思います。

明日は、いよいよ初の著書『リスニングオーディオ攻略本』の出版記念イベント。
いよいよ発売です。

軽井沢のCDショップ

火曜日, 2月 2nd, 2010

私の会社の新製品スピーカーケーブルが、早くもCD制作に採用されたということで、軽井沢唯一の本&CDショップの平安堂さんで、本日入荷したばかりの倖田來未さんのNewアルバムを買ってきました。
一軒だけとはいえ、雪の中でも歩いて行けるショップがあるというのは、とても便利です。

kouda-best

早速、テレビでお馴染みの新曲『Can We Go Back』を聴いてみると、ガツンとくるサウンドが素晴しいです。新製品ケーブルが、少しでも高音質に貢献できたのならば、こんなに嬉しいことはありません。