春の入り口 ~離山お散歩編~

もうすぐ4月です。まだまだ朝晩の冷え込みは厳しい軽井沢ですが、日中はずいぶんと春めいてきました。
すっかり天然のマフラーを外した愛犬ぱんこは、ガチガチに凍った雪が溶け、やっと安全に歩けるようになった離山の麓を、楽しそうにお散歩しています。
DSC03945
「普通に歩けるって幸せだね。」

DSC03947
「陰にはこうしてまだ雪が残ってるんだよ。」

DSC03951
「離山の“然林庵”さんの前もこの通りスイスイ!」

DSC03965
「リスさんにも会ったよ!」

DSC03959
「サクサクたくさん歩けるようになって、筋肉も付いてきたの。」

ついこの間までは、離山登山口はスケートリンクの入り口のようでしたが、春の入り口へと変わってきました。野生動物たちも動き出したことでしょう。
この冬が大変だっただけに、軽井沢で暮らす人たちは春の訪れを心待ちにしているのです。

by S


2 Responses to “春の入り口 ~離山お散歩編~”

  1. ぱちょりん Says:

    天然ファーマフラーのなくなったぱんこちゃんは、
    なんだかちょっと不思議です。

    軽井沢のリスさん、
    以前は旧軽あたりでも見かけたものですが、
    どうやら温暖化の影響で、
    少し緯度の高いところへ移動したらしいですね。
    会えたぱんこちゃん、ラッキーです。

  2. nishino Says:

    ぱちょりんさん、おはようございます!

    ぱんこのハードな換毛は健康の証ですから、
    「一柴で二度おいしい」と楽しむことにしています(笑)。

    確かに、リスさんには年に数えるほどしか会えませんね~。
    小動物マニアのぱんこは、見つけると大喜びで
    追いかけようとしますが、あまりのすばしっこさに
    もちろん追いつくことはできません。。。

Leave a Reply