軽井沢の冬 総括

「寒い、暗い、寂しい」と散々脅された軽井沢の初めての冬が、終わりを告げようとしています。まだ少し早いとは思いますが、冬の暮らしを振り返ってみようと思います。

「耐えられるかな?」と感じたのは、逆に10月や11月くらい。未知の冬への恐怖心がそうさせたのだと思います。年を越してからは、体が慣れてきたのか、寒さもそう苦ではありませんでした。

上手く冬を乗り切れたのは、やはり暖かい家があったからでしょう。軽井沢の家には、夏だけを過ごす別荘仕様と、定住するための冬仕様があります。夏仕様のお家は、家の中でも吐く息が白いとのこと。冬を越す人は、家の仕様は要チェックです。

軽井沢の先輩に教えていただいたのが、床暖房を24時間つけっぱなしにしておく作戦。実は、このほうが燃費が良いそうです。我が家は仕事もこの家で行っているので、24時間暖房は非常に効率が良く、光熱費も驚くほどではありませんでした。24時間床暖房のおかげで、真冬でも部屋の中は20度くらいをキープしていました。家が常に暖かいと、逆に東京時代よりも快適なくらいです。

あとは、防寒を厳重にすること。軽井沢の先輩達は軽装の方が多いです。車で移動されることが多いからでしょうが、きっと5度くらい体感温度が違うのでは?(笑)
軽井沢初心者は見栄を気にせず、しっかり着込んで出掛けるのがコツです。
愛犬ぱんこも、わんちゃん用のダウンを着て頑張りました。

今日は、久しぶりに手袋の必要がない一日でした。昨晩うっすら積もった雪も、あっという間に消えていきます。同じ散歩の時間でも、太陽の高さが違います。鳥の声にも変化があります。観光の方に道を聞かれました。そろそろ春なのですね。

0305


2 Responses to “軽井沢の冬 総括”

  1. manio Says:

    軽井沢新聞に出てましたのでググッてみました。別荘仕様の家は室内で息が白い、とありますが、息が白くならない家は「ゴージャス仕様」ですよ(笑)!それにしても先日の大雪にはびっくりでした。 楽しいブログをこれからも楽しみにしています。

  2. nishino Says:

    manio さま

    はじめまして!コメントありがとうございます。
    お返事遅くなり、申し訳ありません。。。

    「ゴージャス仕様」(笑)!
    寒冷地初心者ということもあり、暖かめに暖房を設定していました。
    お陰で、水道を凍らせることもなく、快適な冬を過ごせたと思います。
    雪かきはまだコツが掴めませんが・・・。

    軽井沢暮らしのよいアドバイスがありましたら、是非!

Leave a Reply