SORELの防寒ブーツ

今朝起きると、またもや銀世界の軽井沢。15cmくらい積もっていました。大晦日より雪続きの軽井沢ですが、大活躍なのがSORELの防寒ブーツです。

DSC00116

10月ごろだったでしょうか。旧軽井沢銀座の靴屋さんに、冬用の靴を探しに行った時のこと。「定住するなら、このくらいは持っておかないと。」、「今ならサイズがあるけど、冬になったら売り切れるよ。」と脅され半分(笑)薦められたのが、このSORELのブーツ。そのころは、こんな重装備が本当に必要なのかと疑問だったのですが、これが大成功でした。

雪や氷上を歩くのが上手くなったのかと勘違いするくらい、滑りにくい高性能な靴底。軽井沢に来てから購入した冬用の靴の中でも、ダントツの滑りにくさです。もちろん、カチカチに凍っているところでは注意して歩いていますが、これで滑ったらきっと私が悪いのだと思えるほどの安心感があります。

それ以上に素晴しいのは、その暖かさ。極寒地域用で−50℃対応らしいですが、その謳い文句に偽り無しです。愛犬ぱんことの散歩で1〜2時間歩いても、足先が寒くなることがありません。というより、足元からなんだかポカポカしてくるくらいです。先日、普通の防水靴で散歩に出掛けたら、寒いのなんの。頭寒足熱とはよくいったものです。足が暖かければ、雪の中を散歩しても苦になりません。

東京で、こんな大きな防寒ブーツを使うことはないでしょうから、軽井沢に来てから楽しめるファッションとして、とってもお気に入りです。ちょっと重たいこのブーツですが、こう見えても履きやすく脱ぎやすいのが、これまた素晴しい。

ちなみに、走るとこんな感じ(笑)。

DSC00196


Leave a Reply